用途に合わせて選べるさまざまなサイトスタンパー端末をご用意しています

サイトスタンパーTablet

サイトスタンパーTablet Photo
新登場!

一番小さいサイトスタンパー、出ました。

おサイフケータイに対応したRFID-RW「サイトスタンパー」シリーズのなかで最も小さいタイプが出ました。 ネーミングは『サイトスタンパー Tablet 』。小型・軽量でペンダントのようなアクセサリーとして、また、ケータイのストラップとして持ち歩くことができます。おサイフケータイにかざしてスイッチを押すだけで簡単に指定のURLへ誘導。いよいよサイトスタンパーは「パーソナルユース」へ。

サイトスタンパーのネットショップが始まりました

モバイルサイト誘導ツールの決定版

なぜ、新規客の獲得することにはコストをかけて、既存客にはコストをかけないのだろう

お客様の日常生活・意識の中に入り込む

お客様ははじめて行ったお店をどこまで鮮烈に覚えてくれているでしょうか。情報サイトやクーポン付のフリーペーパーがお客様の
日常に膨大な情報を提供しています。そんな中であなたのお店は、何か特別な理由がない限りどんどん忘れられていきます。
「クーポンがあるから、今日はここに行こう」「思い浮かばないから、適当に検索したこのお店にしよう」。たぶん、大半の方は行くお店をそんな風に決めているのではないでしょうか。自分に置き換えてみたら、なんとなく分かると思います。
せっかく集客した新規のお客様に忘れられないようにし、再度足を運んでもらうには、飛び道具というものはなく、地道に「関係性」をつくるしかありません。
あなたのお店が、お客様の日常生活や意識の中にインプットされるようするには、地道で、でもアイデア溢れた関係構築の活動が必要なのです。

お客様の手の中にある「ケータイ」を味方にする。

そこで、今ほぼすべての日本人の手の中にあるケータイに着目したマーケティングを考えてみませんか。「日本人は1日平均で24回携帯を見る」という調査データを使った広告がありましたが、ケータイは今やネット端末としても主役になりつつあります。
サイトもケータイで閲覧しますし、特にメールチェックもわざわざPCなどを立ち上げずに見れることから、ビジネスマンでもケータイで済まします。ケータイに機を見てハートウォーミーなメールを送り、クーポンを添えてみる。店頭へ着たらケータイを使ったスタンプや抽選で楽しんでもらう。
一度来ていただいたお客様をいかに足を運んでもらうようにするか。顧客構造をしっかりつくることが、どんな事業環境、時代になっても生き残る術なのです。

生涯利益(ライフタイムバリュー)
という考え方

パレートの法則はご存知でしょうか。一般的に、お店に集客するコストは、既存客に比べ新規客は約5倍以上かかるというものです。しかし逆に、既存客かつ上客になったお客様がもたらす売上は全体の8割になるという事実。売上及び利益貢献に欠かせない顧客(リピーター)をしっかりつくっていくことを念頭に置いた戦略、活動が重要なのです。

パレートの法則
「サクサク販促」なら、月額料金にサイトスタンパー代が入って3,300円/月〜!